リプロセスリトリート®は、2019年7月5日に逝去された、故西尾和美ph.D.が米国カリフォルニア州での実践をもとに考案した心理療法です。

子ども時代に人間関係の中で心の傷を受け、生きづらさを感じている人の癒しと成長のためのグループ心理療法として、これまで米国および日本で多大な効果をあげてきました。グループでの安全感をベースに、さまざまな心理療法を統合し、多面的なアプローチを行います。

西尾リプロセス心理臨床研究所では、西尾和美先生のご遺志を引き継ぎ、リプロセスリトリート®を実施することのできるリプロセスカウンセラーを育成するために養成講座を開催いたします。

 
養成講座は講義と実技演習で構成されています。
リプロセスリトリート®の理論背景の講義の後、参加者同士でリプロセスリトリート®を実施し、専門家としてのスキルを学ぶと同時に、クライエントとしてトラウマからの癒しの過程を体験するこ とができます。

    ・ この養成講座の参加者は、リプロセスカウンセラーを志望する専門家のみを対象とします。
    ・ 参加資格はリプロセス心理臨床研究所のガイドラインに準じます。
    これまでに自分自身がクライエントとしてリプロセスリトリート®を1回以上体験していることが必要です。

児童期トラウマの影響からの回復に関心の高い専門家の皆さまのご参加をお待ちしております。

【開催日時】
 2020年 2月 3日(月)  9:30〜20:30
     2月 4日(火)  9:00〜11:30

【会場】  むぎのこ館 講堂 (map
    〒007-0836 北海道札幌市東区北36条東8丁目1-35

【参加費】 10,000円(資料代含む) 

【募集人数】 リプロセスカウンセラー志望の臨床心理専門家 20 名程度

【申し込み締め切り日】 2020 年 1 月 20 日(土)
        (定員になり次第、締め切ります)

◆ 養成講座参加条件について

臨床心理分野の専門家であること
①臨床心理関連の大学院修士課程以上(社会福祉、看護学、教育、医学などを含む)修了、又は在学中で、実習も含み10ヶ月以上のカウンセリングの臨床経験があること。

② 上記の条件を満たさない場合は、心理学、精神保健・社会福祉学、看護学、教育、医学系の大学、短大、又は専門学校を卒業し、2年以上のカウンセリングの臨床実務経験があり、研究所資格認定委員会で適切と認められた者。

③ 倫理やトラウマ講座のコースを受講していること、又は研究所の資格認定委員会で認める同等の知識があること。

④ 基本的なカウンセリング技術の訓練を受けていること。

⑤1回(6時間)以上、自分自身のリプロセスリトリート®を経験していること。

⑥研修申請書(臨床経験内容などについて)を提出すること。

(参)まだ経験されていない方は、各地でリプロセスリトリートが開催されていますのでご参加ください。(当協会HPのトップページの“What’s New”参照)

詳細は、西尾リプロセス協会HP“カウンセラー認定”をご覧下さい。
http://www.nishioreprocess.jp/authorization/

◆ リプロセスカウンラー認定審査申請受付

審査を受けるための条件
① これまでに養成講座を受していると。
② 自分身がクライエント としてリプロセスー®を3回以上体験していること。
③ 創始者または認定リプロセストレーナのもとで必要な研修を修めていること。
④ 認定リプロセストレーナーの推薦があること。

注: 希望者は事前に事務局にお申し込みください。

【申込方法】
・申し込み用紙にご記入の上、当協会アドレスにメール、もしくは認定リプロセスカウンセラー/トレーナーを通じてお申し込みください。
・所定の参加費をお振り込み頂いた時点で、お申し込み手続きが完了します。
・入金された参加費はお返しすることができませんのでご承知おきください。
金融機関の振込明細書をもって領収書に代えさせて頂きます。別途領収書が必要な方はお申し出ください。

 
「養成講座申込書」は下記よりダウンロードできます。

2020養成講座申込書(WORD版)

2020養成講座申込書(PDF版)

【振込先】
ゆうちょ銀行 
口座名義:「社会福祉法人麦の子会」
記号:19020
番号:50141221
なまえ:フク)ムギノコカイ

ゆうちょ以外の金融機関からの振り込みの場合
店名:九〇八(読み キュウゼロハチ)

【お問合わせ】
*西尾リプロセス心理臨床研究所事務局  
Email : nishio.reprocess@gmail.com
HP: http://nishioreprocess.jp/

※養成講座では研修のためにビデオ撮影をすることをご承知ください。但し、参加者のプライバシーは厳守いたしますので、ご安心ください。

2020.02youseikouza